porno porno porno porno porno porno porno porno 転院 | バイト探し大学生!楽なアルバイト探してます。 porno porno porno porno porno porno porno

転院!!

自宅近くの総合病院に転院になった。

個人病院とは違い、院内も、スタッフも、食事も数段よくなった。しかし、ここでも退屈なのは、変わらず、用もないのに売店に行くのが、日課になった。私と同室のおばちゃん達は、自分の病気の事や、家族の事、趣味の事、退院はいつ頃になるのか・・・とかそんな話ばかりしていた。私の病気の事も聞かれたが、まだ具体的には何の説明も受けていないので、答えようがなく、腕が突然折れた事のみ伝えた。すると、一人のおばちゃんが、「そのうち、手術なんかするんじゃないの?」なんて、恐ろしい事を言い出した。しかし、この予言は、当たっていた。

主治医から、説明があった。手術といっても骨折した右腕を少し切開して、骨の中の組織を採取するだけ。医師には、それだけの事かもしれないが、患者側からしてみたら、恐怖以外の何物でもない。説明を受けてからブルーな日が続いた。

そして、とうとう、手術当日。看護士さんに、点滴をされ、車椅子に乗せてもらい、いざ、手術室へ・・・。

今回は、局部麻酔での手術の為、医師達の話が丸聞こえ。

私は、骨を削られる痛みに耐えているのに、「どこの鮎が美味しい」だのどうでもいい事を話しており、のん気というか、こんな手術なんて、朝飯まえ的な感じに少し腹が立った。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ