porno porno porno porno porno porno porno porno ふれなおばちん、の感想 | バイト探し大学生!楽なアルバイト探してます。 porno porno porno porno porno porno porno

ふれなおばちん、の感想

読んだマンガの感想でもひとつ。

「ふれなばおちん」作者は斉藤ゆうあさん。
ドラマ「斉藤さん」の原作者でもあるんだよね。

「ふれなばおちん」は既婚女性がきゅんきゅんしちゃうマンガって感じかな。
夫子供の為だけに生きてる主婦がひょんなことから夫以外の人を好きになっちゃうストーリー。

いけないって分かっていても止められない、否定できない恋心と葛藤する主人公の気持ちがすごく共感できて読みやすい。
夫だけを愛していたはずなのに、違う男性に心惹かれていつしか抱かれたいと想うのはその人だけになっちゃう。
女心。

相手の男性はいわゆるモテ男だけど、主人公の女性と出会ってからは「誰かの為に生きる女性のかっこよさ」に惹かれ一途に。
そこもまたきゅんきゅんポイント。

私は当面そんな出会いの予定も、旦那以外にときめく予定もないけど。
決して他人事じゃないストーリーよね。

もしもそんな出会いがあったとして、私はどうするのかな、なんて考えたり。
自分にはありえない、考えられない世界だからはまったりするのかな。

今4巻まで出てるけど、もう2人は止まらない感じになっちゃってる。
気になるのは旦那さんが、主人公の異変に少し気づいてるところよね!次巻で動きあるのかな。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ